自動車保険

日本は車大国と言われていますが、日本は面積が狭い割に世界から評判の高い日産やトヨタ車の本社がある国で、それが関係しているかどうかは分かりませんが、車が好きな人が多く、また郊外に住んでいる人は公共機関などの足が無いので、車は日常生活を送る上で大事な足になっています。

通学や通勤ラッシュやお盆や正月ラッシュになると、どこの道路も大渋滞になってしまいますが、これだけ多くの車が頻繁に道路を走っているわけなので、当然ながら自動車同士が接触してしまう自動車事故のリスクもかなり高いわけですが、自動車同士の事故ならまだしも歩行者や自転車に乗っている人と接触をして相手を死なせてしまうというケースもあります。

自動車事故によって相手を死なせてしまった場合は怪我をさせてしまった場合に、その怪我の度合いがそこまで大した怪我の度合いでないなら医療費を自分で支払うことができるかもしれませんが、相手が死んでしまうような大きな事故や生涯に渡って後遺症が残る大きな怪我を負わせてしまった場合は自分で保障をするのには限界があると思います。

このような時に自動車保険に加入していたか未加入だったかによって、その後の明暗は分かれてくることになりますが、自動車保険に加入していた場合は自動車保険が適用されるので、どれだけ保証しないとお金がたくさんあっても自動車保険で保証してもらうことができますが、自動車保険に加入していないと自分で全ての支払い義務が生じてしまうことになります。
また、事故を機に車の売却をお考えなら以下のページを参考にしてみてください。
事故車の買取について | 車買取の超初心者ガイド

悲惨な状態にならないためにも自動車保険への加入は忘れずに加入しておきたいものですが、自動車保険には自賠責保険と任意の自動車保険があって、ここで言う自動車保険というのは任意の自動車保険のことですが、自賠責保険に関しては自動車に乗っていると必ず支払わないといけないお金なので未加入ということは無いと思います。もちろん自賠責保険でも保険は下りますが、保障される範囲はかなり狭くなっています。